鼻血

鼻血

鼻血が出る原因、または誘因として最も多いのは、鼻自身の病気というよりは、外部から加わった力による傷で、特に多いのが指で鼻をほじって傷つけたことによるものであります。

特に、子供では鼻の入り口からすぐに近くの鼻中隔の部分に小さな血管がたくさんあって、指でいじると簡単に出血します。このような場合は、鼻を脇から押さえていると、間もなく止まるのが普通です。

たまに1回か2回に軽い出血は心配ないですが、これを繰り返すようでしたら、耳鼻科を受診した方がよいでしょう。

その他、鼻を打ったとか、鼻に異物が入ったなどの原因で、鼻出血が起こることもあります。

成人の場合は、子供の場合とは事情が異なります。気を付けなければならないのは、全身的な循環器障害の一つの症状として、突然出血してくるもので、高血圧や動脈硬化によるものなどがそれであります。

頭を上げていても前の方に流れ、口にも血が回るときなどは、血圧が高くて大きな血管が切れた場合や、あるいは血液の病気や腫瘍が原因の場合などがあるので、専門医の診断を受けて、原因となる病気の治療が必要であります。

大出血があるときは、まず安静にして、一応出血が止まってから、流れた血で息が止まらないように注意しつつ、診断を受けることであります。

その他に、外傷もなく、病気でもないのに、突然鼻出血する場合があります。これを突然性鼻出血といい、ストレスなどが原因となります。自律神経が不安定になっているために、ちょっとした刺激で鼻血が出やすくなるのであります。

いずれにしても、出血がたびたび起こるようであれば、専門医に診察してもらうことが先決であること言うまでもありません。