不妊治療について

不妊でお悩みのかたへ。

  • 「子供がほしくても授からない。」
  • 「病院で治療を受けているがなかなか改善されない。」
  • 「人工授精を何回も受けているがダメ。」

不妊で悩んでいる方は少 なくありません。他人にはなかなか相談できず、社会的にも様々なプレッシャーを受けることも多いでしょう。インターネットの不妊掲示板では、「つらいで す。」「もう諦めました。」という文言をよく目にしますが、当院では

「一度鍼灸院で治療を受けてみてはいかが?」

と思っています。多角的なアプローチで チャレンジしてみることが子供を授かるチャンスを高めることにつながるかと思います。

不妊症とは

不妊症のWHOによる定義は「避妊をしていないのに2年以上にわたって妊娠に至れない状態」となっています。通常、夫婦の90%以上が2年以内に妊娠する という事実に基づいています。過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。

子供が欲しい夫婦にとって不妊は切実な問題です。

不妊症の女性側の原因は約5割で、男性側が約3割、その他の原因不明が約2割ということです。男性の不妊 症の原因のほとんどが精子の数が少ないか、または元気がない場合です。まれに無精子症があります。女性の不妊症の原因のほとんどの場合は、器質的疾患を除 けば、子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れておりません。ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが多いようです。又、黄体 の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪くせっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなっています。

最初に

さて、皆様は、不妊の治療といえば、最初に西洋医学の婦人科で検査・治療を行うかと思います。からだは見かけ上ではまったく問題はなく、どこかが痛いかゆ いもありません。しかし、「不妊症」という病名診断されます。治療といえば、

  • 排卵誘発剤などのホルモン療法
  • 体外受精
  • 人工授精

などなど。高額な医療費を 払います。確実に成功すればいいのですが・・・。

検査機器等の発達により、細胞レベル、遺伝子レベルの観察は出来るようになりましたが、どのようにして卵 子・精子が取捨選択・自然淘汰、また、受精し成長するのかは分かってはいません。今のところ神の領域の話だからです。しかし、力が無い、元気がない状態で は、卵子・精子が受精し、妊娠する確率が低いことがいえます。寒い環境における種子は発芽が出来ないと同様に、東洋医学ではこのような状態を「冷え」とい います。

妊娠ができる丈夫なからだ作り

東洋医学では妊娠は植物の発芽に例えられます。受精卵が種で、子宮が大地にあてはめられます。発芽をするためには種に力が無いといけません。つまり、卵子 や精子が丈夫なものでなければいけません。

卵子や精子は、生活の乱れ、精神の乱れなどがあると良質なものは形成されません。受精卵を栄養する過程は、薬や ホルモン剤で行うことで調整は出来ます。しかし、成長させたり、丈夫にしたりすることは薬では出来ません。

また、種が良質なものあっても、大地が悪ければ育ちません。つまり、良質な卵・精子を確保して無事受精できたとしても、その受精卵が根付くための子宮(内 膜)の環境が悪ければ着床しづらく、仮に着床できたとしてもすぐに受精卵は枯れてしまい、流産してしまいます。大地が悪いというのは、栄養状態もあります が、冷えていることも関係します。

種は発芽するときには、多くの熱を必要とします。その熱をもって成長するからです。大地が冷えていると種は生育しませ ん。人間でも同様で、からだが冷えていると受精卵は育ちません。

妊娠をするには、妨げている原因を取り除き、子作りができるからだ作りをしなければいけません。

妊娠を妨げる日常の不摂生

自然界に存在する動物は不妊になることはありません。では、なぜ人間には不妊があるのでしょうか。それは、自然のリズムと日常の生活のリズムが合っていな いからです。自然のリズムとは、太陽のリズムと同じように生活をすることです。つまり、日が昇るとともに活動をして、日が沈むにつれて行動を止めるという ことです。

現代人の生活は、このリズムからかけ離れているため、体が不自然となり、体調がおかしくなるのです。食事も旬なもの以外をたくさん食べ、また、 添加物が多く含まれた人工物を食べることでからだは自然でなくなります。体は不自然な状態になると、元の状態に戻そうとして余計なエネルギーを消費しま す。その結果、体が疲労し冷えます。前述の通りからだが冷えると、受精卵が育たないことと、血液の循環が悪くなることで、様々な機能が鈍り、冷えが強い部 位は硬直します。妊娠するには、自然のリズムに生活習慣を近づけることが大事になります。

運動不足もからだが冷える原因です。適度な運動も体を温めるのには必要です。

鍼灸治療で夫婦に笑顔を

自分のからだに余裕がないと、子供は作れません。はり・きゅう治療は、皆様の妊娠の手助けとして、からだの温め、さまざまな働きを改善し、身体を丈夫にします。ご相談から受け承ります。その後、生活習慣を見直し、改善すべきことは即時実行することが肝要になります。そして、わからないことは、身近に専門知識を持っている人に相談して下さ い。長年自分が常識に思っていることが、健康常識からずれていることが多々あります。早く自分の現状を把握し、明るい未来をつかみましょう。