心経(手の少陰心経)

東洋医学でいう心の臓は、現代医学でいう心臓に該当するといえます。

心の臓は生命の中心ともいうべきもので、この心の臓を養うエネルギーの循環系が心経であります。

・眼が充血する
・のどが渇きやすい
・みぞおちが重苦しい
・いつも動悸や息切れに悩む
・手足が冷える
・腕から手のひら、特に小指側に痛みやしびれがある
・疲れると手のひらが火照る

などの症状があったら、心経の証と考えていいでしょう。心臓機能異常で起こる症状があると、この経絡のツボの痛みやコリとなって表れます。

手のひら側で手首のしわの小指側にある「神門」は、心経における重要なツボです。