小児鍼(しょうにはり)

江戸時代に大阪の数名の治療家が行なっていた治療法で、大正末期から昭和初期にかけて、関西を中心に広まった治療法です。

「小児ばり」とは普通の治療に使う「刺す」はりと違い、皮膚に接触させて軽い刺激を与えて行なう特殊な治療法です。金属の棒やヘラのようなもので皮膚をさすったり、ツボに当てて刺激をしたり治療をします。気持ちがいいですよ。

適応年齢

生後直後から小学校6年生ぐらいまでです。

適応症状

疳の虫(カンノムシ)症状:小児が異常に興奮しやすくなっている状態。夜泣き、不機嫌、いらだち、ちょっと した物音に驚く、寝ているときに薄目を開けている、奇声(かん高い声)を上げる、行動が粗暴になる等といっ た症状です。

下痢、便秘、消化不良、腹痛、肩こり、頭痛、発熱、夜尿症、結膜炎、眼瞼炎、 鼻カタル、耳下腺炎、慢性気管支炎、小児喘息、湿疹、アトピー性皮膚炎等

小児は弱い存在なのです。ちょっとしたことで病気になります。この場合、元気な子は放っておいてもすぐに 治ります。ただ、色々な原因で体力が弱っている子は、治癒力が弱っているため、症状が長引いたり、可逆 的に強い症状が出たりすることがあります。体力を回復させ、治癒力を高めれば薬を飲む必要はありませ ん。 小児はりは、子供の治癒力を高める治療法です。